サンデーうぇぶりはスクショできない?する方法はあるのか

サンデーうぇぶりはスクショできない?する方法はあるのか マンガアプリ

サンデーうぇぶりで作品内のスクショができるのか、またはスクショする方法はあるのかについて詳しく解説していきます。

サンデーうぇぶりには名探偵コナンをはじめとして、国民的に人気の高いマンガがたくさん掲載されているので

この作品大好きなんだよねぇ…ずーっと見てたいからこのシーンをスクショしようっと!

というように作品内の一コマを気軽にスクショしようとする人がいます。

悪用するつもりはなくても、ついスクショしちゃうその気持ちは理解できます

ですがサンデーうぇぶりでスクショすると、OSによっては回数による制限があったり警告文が表示されたりするんですよね。

なのでサンデーうぇぶりのスクショについて、ぜひ知っておいてほしい次のことを説明してみました。

  • スクショは禁止?
  • スクショは何回までならOKなのか
  • 回数によって警告文が表示される可能性もある
  • スクショする方法はあるのか
\大人向けマンガアプリ/
大人向けマンガアプリおすすめ12選!人気の無料漫画アプリを徹底比較

サンデーうぇぶりはスクショ禁止!できない

サンデーうぇぶりはスクショ禁止!できない

最初にいっておくと、サンデーうぇぶりでは作品内ページでスクショができない仕様になっています。

スクショできないのは決してアプリや端末のエラーではなく、サンデーうぇぶり自体がもともとそういう仕様だからです。

なぜサンデーうぇぶりでスクショができないかというと「作品を守るため」なんですよね。

作品内でスクショができるようになると、

この作品面白かったわぁ。Twitterのみんなにも教えてあげようっと

という考えから作品内の一部をスクショし、それをTwitterや掲示板などにアップする人がいます。

本人に悪気はなくとも、なんにも考えずにこういったことをする人がいるんですよね。

「この作品が好きだからみんなにも魅力を伝えたい!」という気持ちはわかりますけどね

ですがこういった行為をしてしまうと、アップされた画像を見て

単行本買おうと思ってたけど、やっぱりやめたわ

と満足してしまう人だっているわけです。作品の一部を無断でアップする行為が、せっかくお金を出して作品を買おうと思っていた人の邪魔をしてしまうこともあるんです。

マンガが継続して発売できるのは、お金を出して買ってくれる人がいるからです

なのでサンデーうぇぶりだけではなく、他のマンガアプリでも作品を守るためにスクショができないようになっています。

サンデーうぇぶりのスクショは何回まで?回数による制限あり

サンデーうぇぶりのスクショは何回まで?回数による制限あり

androidの場合、サンデーうぇぶりの作品内でスクショしようとしたら、そもそもスクショができないようになっています。

ですがiPhoneの場合は、スクショの「1回目」「2回目」「3回目」でそれぞれ別のメッセージが表示されるようです。

iPhoneでもスクショした画像を保存することはできませんけどね

これは「何回までならスクショできる」ということではなく、「これ以上スクショしようとしたら次は許さないよ」という意味です。

なので「あと何回はスクショできる」というわけではないので、スクショできる回数を気にするのは無意味です。

サンデーうぇぶりでスクショしたら警告文が表示される

サンデーうぇぶりでスクショしたら警告文が表示される

iPhoneの場合は、スクショする回数によって警告文が表示されます。

たとえば1回目の場合は注意、2回目の場合は警告、3回目でアプリの利用自体を停止、という感じですね。

これまでに何度も表示されている警告文を無視してスクショしようとすると、アプリ自体が使えなくなるペナルティを与えられる可能性もあるので、作品内でスクショするのは絶対にやめましょう

そもそもスクショできないのに、なぜ警告を無視してスクショしようとするのか意味がわかりませんけど…

仮にアプリの利用が停止されると、再度インストールしても使えない可能性があります

停止された場合、端末の初期化をするくらいしか復帰方法がないと思われます

サンデーうぇぶりでスクショする方法はあるのか

サンデーうぇぶりでスクショする方法はあるのか

こんなに「スクショはダメ!」と伝えているのに、なんとかして作品の一部をスクショしようとする人がいますけど、どうやってもスクショはできません。

しちゃダメなんです

行き過ぎた行為には、運営側や作者からなんからの処罰を与えられる可能性もあるので、サンデーうぇぶりで作品をスクショするのは諦めましょう。

そんなことせずに、作品にお金を落としてください…!

コメント

タイトルとURLをコピーしました